オメガの歴史

1894年にルイブランドという男性が懐中時計を組み立て、後に彼の息子が会社を立ち上げました。その息子が死去してセザールブランが経営を行うようになりました。セザールブランは本社をビールに移転し1894年にキャリバーのオメガを製作しました。手巻のCal.30系と自動巻のCal.56は名機として時計好きの間では評価が高いです。ムーブメントを自社で作っているのはオメガの特徴でもあります。しかし当時はこのブランドを知っている人は多くありませんでした。オメガの歴史の中で最も注目されたのは、1965年にスピードマスターがアメリカ航空宇宙局で公式の腕時計になった時です。スピードマスターはボディが頑丈で機能性も高い腕時計でした。1969年にアポロ11号が月面着陸したことで、歴史に名前を刻むことになりました。1999年にコーアクシャルを発表します。コーアクシャルは脱進機機構という機械式時計の心臓部にあたる部分の摩擦を大幅に減らしたものでした。これによりオーバーホールがなくても10年ほどは制精度を保つことに成功しました。オメガはオリンピックでも多く使われていることで有名です。最初にオリンピックで採用されたのは1932年のロサンゼルスオリンピックです。この時はヌーシャテル天文台で検定いたクロノグラフを30個用意しました。1952年のヘルシンキオリンピックではクオーツ式で100分の1秒まで計測できるオメガ・タイム・レコーダーを作り、当時は画期的な発明として話題となりました。


Copyright(c) 2017 オメガギャラリー All Rights Reserved.